漫画や映画・ドラマの情報てんこ盛り!芸能・エンタメ情報もたまに更新。

エンタメあらすじ・ネタバレまとめ!

https://www.makersmark.net

ドラマ

ゴシップガールのシーズン2(第8話・第9話)のあらすじと感想

更新日:

ゴシップガールとは、どんな映画?

作者

デヴィッド・O・ラッセル

ゴシップガールのあらすじ

ジョシュ・シュワルツ製作総指揮によるTVドラマの第2シーズンBOX第2弾。新学期がスタート。ブレアは上流階級の女性が入会する「コロニー・クラブ」のメンバーになるため、選考委員を家に招くことになっていたが…。

-アマゾンの内容紹介より

主な配役・キャスト

ブレイク・ライブリー(セリーナ・ヴァンダーウッドセン)

レイトン・ミースター(ブレア・ウォルドーフ)

チェイス・クロフォード(ネイト・アーチボルド)

エド・ウェストウィック(チャック・バス)

ペン・バッジリー(ダン・ハンフリー)

ゴシップガールのストーリー

シーズン2 第8話 「ジェニーのプレタポルテ」

ジェニーは学校をホームスクーリングに切り替え、エレノアのアトリエで本格的に働き始める。

家にはダンが連れてきたネイトが居候を始めて毎日顔を合わせる仲に。

働き詰めの毎日だが、エレノアに打ち合わせに参加させてもらえないなど、思うように仕事が上手くいかず不満が溜まっていた。

ブレアとチャックはどちらが先に「愛してる」と言うかを競い、チャックは言わなければお前とは寝ない、とブレアに言い放つ。

チャックのかたくなな態度にお手上げのブレアはセリーナに相談するも、その場に居合わせたダンが相談相手になる。

ダンのアドバイス通り行動するブレア。意外にもそれがうまく行き、ベッドを共にしかけたまさにその瞬間、チャックに作戦がバレてしまい逃げられてしまう。

セリーナはダンのアトリエでアーロンというアーティストに出会う。アーロンのことが気になりながらもダンに気を使い今は誰ともデートしないと言うセリーナ。

しかしアーロンに想いを寄せ始めていた。

ジェニーはエレノアに明日中に服を作るよう言われていたが、モデルのアグネスと飲んだ席で型紙となる服を貸してしまい、アグネスはそのままバーを後にしてしまう。

焦ったジェニーは何とか徹夜で服を完成させるものの、エレノアには打ち合わせに参加させてもらえずついに反撃に出る。

起こったエレノアから今日は帰るよう言い渡されるも、ジェニーは自作のドレスをエレノアから奪い、アトリエを辞めてしまう。

チャックに作戦を見抜かれ撃沈のブレアは再びダンに相談。するとダンは「リスクを犯せば全て手に入るかも」と、チャックに愛の告白をすることを提案する。

ダンの言う通り屋上で告白しようとするブレアだったが、ダンはヴァネッサにチャックとブレアが共謀しヴァネッサを騙したと聞かされ、やはりチャックは信用出来ないとブレアに助言。

困惑したブレアはチャックと言い合いになり結局上手くいかずブレアは帰宅してしまう。

エレノアのアトリエを辞めたジェニーは、アグネスに独立を勧められる。その気になったジェニーだが、ネイトにその事を話すとすぐに反対されてしまう。

ジェニーのことが心配なネイトは、パーティーに行くと言って出ていったジェニーを追いかけ、アグネスの元を訪ねると、そこには下着姿のジェニーとアグネス、そしてカメラマンの青年がいた。

セリーナはアーロンが実は子供の頃からの知り合いだったことに気がつき、彼を追いかけるも、アーロンは別の女性と立ち去ってしまう。

ネイトはジェニーを連れて帰ったが、邪魔された事に怒ったジェニーはネイトをきつく問い詰める。

「父でも兄でもないのになぜそんなに構うのか」と言われ、自分の気持ちに気がつくネイトはジェニーとキスをする。

シーズン2 第9話 「ゼア・マイト・ビー・ブラッド」

エレノアのアトリエを辞めたジェニーは、独立し自分のブランドを立ちあげるため、資金集めとスポンサー探しに乗り出し、チャリティーパーティーでの「ゲリラファッションショー」を計画する。

友人でモデルのアグネスと、彼女の友人のカメラマンと一緒に極秘で進めた計画だが、家を出る所でダンとネイトに知られてしまう。

ダンは説得を試みるが一晩だけ父に言わず味方してほしいとジェニーに言われ、迷っているうちにネイトと共にジェニー達は会場に向かってしまう。

一方ブレアはイェール大学のベルビー部長の友人であるボールドマン夫妻に会って、イェール入学への糸口を掴もうと試みる。

セリーナから夫妻が出かけている間、留守番を言いつけられた娘、エマを映画に連れ出すことを提案されたブレアだが、優等生に見えたエマは実は友達のマフィーが処女を失う前に自分が先に女になると躍起になっており、自分の処女喪失に加勢しないとクラブで酔わされたとベルビー部長に告げ口する、などと脅されてしまう。

困ったブレアは「いい男が沢山いるから」とエマを騙し、チャリティーパーティーに連れていこうとするも、チャックがエマに「あのパーティーに年寄りしかいない」と言った為、嘘がバレてしまい、エマに逃げられてしまう。

チャリティーパーティー会場に到着したジェニーは、パーティーでバス夫妻が表彰されると知り、親切な人たちを裏切ってしまうと決意が揺らぐ。ネイトに「何をしても君の味方だ」と背中を押され、いざゲリラファッションショーに乗り出す。

ダンはジェニーの悪巧みを隠そうとするが、結局ルーファスに隠しきれずジェニーを探す。

ゴシップガールでジェニーがチャリティーパーティーの会場にいることを突き止めるも、掲載されたネイトとジェニーのキス写真を目撃し唖然とする。

ダンとルーファスはヴァネッサと共にパーティー会場まで追ってくるも、到着して間もなく、ジェニーのゲリラファッションショーが始まるのだった。

その頃、ようやくエマの居場所を突き止めたブレアとチャック。エマはクラブで見つけた男と部屋で一夜を共にしようと試みるも、チャックが裏で手を回し、ゴシップガールに「マフィーの処女幕が開通した」と載せることによりエマの戦意は喪失。

ブレアはすんでのところでエマを救い、母の浮気や無関心などで荒れたエマの心を優しく慰める。

ジェニーのゲリラファッションショーは成功。しかし当然ルーファスに叱られてしまう。

このままでは済まされないと怒るルーファスだが、ジェニーは「ショーは済んだし成功した」と完全に開き直る。

ブレアはエマの1件でベルビー部長から電話をもらい、セリーナも家に訪ねてきたアーロンと踏み込んだ関係に進もうとする。

この映画を見た感想

第8話を見た感想

シーズン1をたまたま見て、「これは面白い!」と思ってシーズン2に突入。ビジュアルがとってもきれいで、ストーリーも次から次へと畳みかけるような構成がすごいなと思いました。

ブレアとチャックがまたしても結ばれようとしたところを引き裂かれてしまいもどかしかったです。

この2人が一番切ないと思いました。ジェニーは初のロマンスで、今後が楽しみです!

セレブってこういうことなのか・・と現実離れしたロマンス気分を味わえるのも、この映画の魅力かもしれませんね。

高校生、大学生・・日本人とはえらい違いだな~くだらない、と思いながらもついついストーリーにはまるのがたまりません。

日本との文化の違いについても考えさせられます。

第9話を見た感想

日に日に行動が派手になっていくジェニーから目が離せない展開です。

シーズン1が始まった頃はまだ幼くてメイクも薄かったのに、今ではバッチリパンダメイク。

ゴシップネタも豊富で、次世代のゴシップガールと言った感じ。ブレアはチャックと一進一退でこちらも見逃せません。はやく結ばれてほしいと願っています!

-ドラマ

Copyright© エンタメあらすじ・ネタバレまとめ! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.