漫画や映画・ドラマの情報てんこ盛り!芸能・エンタメ情報もたまに更新。

エンタメあらすじ・ネタバレまとめ!

https://www.makersmark.net

u12って面白いの?見る価値はある?あらすじとネタバレ

更新日:

u12とは、どんな漫画?

作者

闇川 コウ

内容

謎の牢獄に囚われた12人の少女。状況を呑み込めぬ彼女たちの前に謎の男が現れ、「君達の人権を停止する」と宣言する。

そして、突然始まる囚人たちのためのイベント「お楽しみ会」!! この理不尽な異常事態を切り抜けるべく、少女たちは闘争を開始する! 戦慄の少女脱獄サバイバル!!

-出版社の内容紹介より

発売日

2015/9/7

何巻まで、出てる?

・第1巻から第5巻まで

u12のあらすじ

小学校に通う12人の女の子が突然拉致され、ある一室に集められる。

目覚めた12人の前に、制服姿の男たちを引き連れた老人が姿を見せた。彼は「本日をもって君たち12人の人権を停止させていただきます。

「ここでしばらくお過ごしください」と告げ、再び外へ。

短気な女の子は一緒に出ていこうとするが、制服の男に止められてしまう。

携帯で警察を呼ぼうとしても、通信ができない。仕方なく、女の子たちはやることもなくその一室で時間を潰す。部屋には12人の他にもともと囚われの身だったらしい女の子が一1人いた。

やがて5日経過し、老人と制服の男たちが再び部屋に現れる。彼らは女の子を全員外に出させ、あるところに連れて行く。

そこはY10と呼ばれる刑務所で、収監されているのは全員が幼い少年少女を殺害した異常犯罪者。シャバに出すのは問題外とされた最悪の凶悪犯たちだった。

しかし受刑者の人権に関する新しい法案が国会で可決されたため、彼らの異常な要望をも叶える必要が出てきた。

そのために用意されたのが人権喪失者である女の子たち。刑務所側では「お楽しみ会」というイベントを行い、その要望に応えていた。

老人と男たちは外に出ていき、13人の少女は刑務所の中に取り残される。鍵がかかっていて、外には出られない。

そんな状況で監房の鉄格子が開き、何人かの囚人たちが姿を現す。「お楽しみ会」の始まりだ。

その中のひとりが追いかけてきたのでみんなは逃げ惑うが、もともと囚われの身だった女の子が追いつかれる。彼女は激しくレイプされた上で、そのまま囚人に食べられてしまう。

彼女を助けようとした三田琴美もその囚人に襲われるが、千代田かなめが縦笛を武器に囚人を攻撃。

頭に笛を突き刺して彼を殺したかなめは「ロリコンは人間じゃないから殺しちゃっていいの」と平然と琴美に言い切る。

やがて30分が過ぎ、老人たちが刑務所内へ。再び少女たちはいつもの部屋に帰される。

老人によれば、12人の囚人を殺すまでは彼女たちは家に帰れないのだ。あまりのショックに全員がおびえる中、かなめだけはカバンのワイヤーを使って武器を作ろうとしていた。

間もなく次の「お楽しみ会」の日がやってくる。

かなめのリクエストで今回解放される囚人は2人。前回同様、ほとんどの女の子は逃げ惑うが、かなめは囚人のひとりと対決。

彼女はうまく立ち回って囚人同士に争わせ、1人を片付ける。そして残った1人の首をワイヤーで締め付け、絞殺してしまう。

こうしてまた12人は生き残ることになる。

やがて、政府の方針に反対する男が刑務所に忍び込み、少女たちの前に姿をあらわす。

彼の手引きで逃亡を図る少女たち。しかしその男は囚人のひとりだということが分かる。資料室の棚を使って彼を殺したのはまたしてもかなめだった。

そして危機はさらにやってくる。次の「お楽しみ会」の時、特別扱いの囚人が少女のひとりを拉致してしまったのだ。彼女を救うため、女の子たちは団結する。

この漫画を見た感想

生き残るために12人の囚人を殺さなければならない、というのはゲーム的設定でちょっとありふれていますが、絵柄の可愛さもあって中々楽しく読めます。

特に千代田かなめの活躍ぶりは爽快そのもの。カタルシスを得たい人向けの作品です。

ジャンル的にはコメディホラーのような感じでしょうか。ただ序盤に子供がひどい目に遭う描写が少し刺激的でした。そういうのが苦手な方には向いていないです。

ロリだけとグロいという反するものを一つの作品の中にまとめた作者の挑戦としては面白いかもしれませんが、その設定自体がはまっているという感じではないです。

ただ、悪い奴をやっつけるという、一致団結して物事を良い方向に向けていくという気持ちよさとしてはシンプルに楽しめます。

5巻までありますが、先がどんどん見たくなる・・というストーリー展開のうまさは感じませんでした。

-漫画

Copyright© エンタメあらすじ・ネタバレまとめ! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.